なぜ排水管は水漏れを起こすのか

水回りのトラブルには様々な形がありますが、例えば水が出にくいケースや水が流れにくいケースもあります。このような場合、不便は生じますが、被害と言えるほど大きなものが生じることはありません。反面水漏れということになると、大きな被害を生み出す可能性があります。また、この際に排水管が原因となるケースもあり、修理を後回しにすることは被害拡大にも繋がりますので、気を付けておきましょう。

■排水管が原因となる水漏れが多い理由

そもそも排水管は水を流す場所です。使い終わった水がここを流れて下水管へとつながっていきます。基本的に長年に亘って使用しても問題ないのですが、中には老朽化が原因で水漏れが生じることもあります。さらに、まれにあるのが強い力を加えてしまったがために、排水管が壊れるなどして水漏れが起こる場合です。扱いには注意しましょう。




■なぜ力が加わってしまうのか

水道の排水管は部屋の中に露出しているわけではないので、故意に壊そうと思わない限りは壊れないと考えている人もいます。しかし、排水管は例えば洗面台の真下にある収納の中にあったり、キッチンもシンク真下の収納スペースなどに存在しているため、気づかないうちに正しい場所からズレるなどして、それが原因で水漏れを起こすこともあります。無論、こうしたケースばかりではありませんが、意図せずに自分自身が壊してしまっていることもあるわけですから、排水管の場所は覚えておきたいポイントです。
また、別の理由としては先述したような老朽化も原因として挙げられますが、排水管に何かが詰まったせいで水が漏れるような状態になってしまうこともあります。


■まとめ
このように、排水管は経年劣化を理由としたトラブルも起こしますが、それ以外にも自分自身が強い力を加えてしまったがためにトラブルに発展することもあります。そのため、排水管があるところには収納するものを少なくするなど、日頃の行動を見つめ直すことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ