水漏れを起こした排水管の修理方法とは

自宅内のいずれかの排水管から水漏れが発生した場合、ほんの少量だけ水が漏れているような場合には、防水テープなどで応急処置のような形で塞いでおくと、それでまたしばらくは凌げると判断してしまう人もいます。確かに一時的には凌げるかもしれませんが、水漏れは段々とひどくなっていくものですから、これですべてが解決とはいかないものです。

■表面的な修理では意味がない

テープによって防いだとしても、それは表面上だけであって水漏れ自体が完全に止まるわけではありません。少ない量であっても水がジワジワ滲みだしている以上、やがてテープの粘着性を奪ってしまうことがあります。さらに言えば、余計に状況を悪化させる可能性もあるので、こうした素人判断による修理はやめたほうが賢明です。一時的に凌ぐことを考えるよりも、プロの目によってきちんと見てもらって、もう漏れないように修理してもらうことが大切です。



■排水管が壊れた事態を重く考える

排水管は基本的に頑丈に作られていますので、壊れてしまうということは一時的な修理ではなく、根本的に排水管を取り替えるなどの修理が必要になってきます。また、亀裂が入ることは珍しいにしても、排水管が前後のパーツとうまく組み合っておらず、生じた隙間から水漏れが発生してしまうこともあります。
このような場合、やはり素人の手に負えるものではありませんので、専門の修理業者に状態を見てもらった上で対応してもらいましょう。もちろん、業者がくるまで少しでも漏れる水を少なくするためにテープなどを貼って一時的に凌ぐ方法もありますが、このような作業を行なう際も業者の指示に従いましょう。


■まとめ
排水管からの水漏れとなると、それを軽視したり、自分でどうにかできるのではないかと考える人もいますが、必ずしもそうではありません。手を加えることでかえって悪化させることもありますので、構造などを熟知しているプロの意見を聞いた上で水道 修理をしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ