水漏れトラブル後の排水管との向き合い方

排水管からの水漏れが起こる原因は様々なものが考えられます。純粋に老朽化しての水漏れもあれば、日頃水と一緒にたくさんのごみなどを流していると、それらが排水管の中に影響を与えて水漏れに繋がるケースもあります。
この他にも原因は多数考えられますが、使用している本人が日頃の生活を送る上で気を付けられることもありますので、過去にこうした水漏れによって苦しんだ経験がある方は、その後は排水管の扱い方も考えていきたいところです。

■原因となる行動を慎む

老朽化によって水が漏れてしまう現象は自分自身ではどうしようもないことですが、排水管に強い力を加えて、それによって排水管が外れるなどして水漏れに至るようなケースは、自分自身で気を付けることが可能です。キッチンのシンクの下や洗面台の真下には水道配管と同時に収納スペースがあるわけですが、ここにモノを入れる際に強い力で無理矢理押し込んだり、スペースの許容レベルを超えているのに無理してたくさんのモノを入れようとすると、結果として排水管を壊してしまう原因になりますので、こうした行為は慎みましょう。
さらに、ごみを溜め込まない、何でも排水管に流さないという日々の努力の積み重ねも重要です。

■寿命以外の原因は排除可能

自分自身の努力のレベルにもよりますが、寿命による排水管の水漏れという事態でなければ、基本的には自分や家族が排水管を気にかけて、大切に扱うようにすることで水漏れを防ぐことは可能です。もちろん、水漏れが起こってしまった場合には仕方ありませんが、可能ならばちょっとしたことくらいで壊れないだろうという気持ちは捨てて、管が傷つかないように工夫しましょう。




■まとめ
排水管からの水漏れは、家庭内に大きな悲劇をもたらすといっても過言ではありません。だからこそ修理をおこなうことも大切なことですが、そもそも論として予防する行動を心掛けることが何よりも重要になってきます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ